くすりのア・ム

安心・安全 そして信頼

  • 初めての方へ
  • 店舗概要
  • ご相談メールフォーム
  • 店長日記

店長日記

<<< 前の10件 次の10件 >>>

R2/3/12 WHOに160億円の拠出金

日本がWHOに160億円の資金を拠出したそうです。

思えば安倍さんはこの数年で諸外国の支援を総額100億円規模

で行っています。国内においては消費税の増税や各種社会保障費

の増額負担で市民は疲弊しきっています。

そのうえ今回の新型肺炎パンデミックにより甚大かつ深刻な経済

損害が考えられます。そのうえ緊急事態宣言が発令されるのです

これにより個人の生活は縮小させられるでしょう。

まさに「夜と霧」さながらの現実です。

R2/3/10 一流のこだわり

自分の勉強のためにも業界に関係なく一流と呼ばれる方の動向を

できるだけ手本にするように心がけています。

いろいろ共通することがあります。それは言うは易く、行うは難

しなことばかりです(爆)

うれしくなるのは世界で活躍する一流人に日本人が少なからずも

存在することです。これは緻密で勤勉な民族が多いからかもわか

りません。驚くのがほとんどの一流人が見えない部分も完ぺきに

することです。たとえ表面に出なくてもそこがきっちりしている

ことで表面にできあがる仕事に反映されているのでしょう。

これはわかる気がします。二枚舌や表裏のある人間と会見したら

すごく不自然な印象を持つのと同じです。わかる方にはわかるはず

です。一流人はだからそこを手抜きしないのでしょう。

R2/3/9 天知る、地知る、己知る

たとえどんな場合でも忘れてならないことがあると思います。

それが「天知る、地知る、己知る」ということです。

これは人前でバレなければ何をしても良いと考えるような方には

少々めんどくさくて、怖いことです。

しかしこれはどんな場合でも当てはまると思います。

これからの艱難辛苦の時代を生き抜く信念にしましょう。

R2/3/4 未曾有の危機

日本は未曾有の危機に陥ってる。新型肺炎で騒動が膨張し精神的

に余裕がない方が多くなっている。

しかしこんなときこそ知性や理性が安定をもたらすと思います。

逆に考えると知性や理性が稚拙であると混乱を引き起こすことが

十分に考えられます。ピンチのときに人格や品位が露呈するので

はないでしょうか。

R2/2/29 プチパニック

マスクや消毒薬がないにもかかわらず健康不安は拡大しています

各種の集会は中止され、人は極力移動をしない。これはあらゆる

経済が縮小することになります。

この状況で一部の人間が出したデマによりトイレ紙まで市場から

消えています。これは国内でほとんどが生産されていますので品

物が消えることはありません。

この状況はオイルショックのときと同じです。ないというのは完

全にデマですので落ち着いて行動しましょう。また過剰に買い込

むのも止めましょう。

R2/2/28 一斉休校

戦後初の全国の小、中、高校の春休み前倒し一斉休校を突然決定

された。ニュース足跡などを見る限り、熟慮判断したものでは

なさそうである。印象としては唐突に決定してる感じです。

両親ともに働く家庭などは大変である。

学校関係者も同じです。授業の計画もその後の行事予定も滅茶苦

茶です。一方では保育所や幼稚園、学童保育などはそのままであ

るらしい。しかし現場は前倒し休校の影響は少なからずあるよう

です。一方では医療機関も少々混乱しています。

患者さんも疑心暗鬼になっています。あれだけ集会がだめだ、電

車やバスも危ないという印象報道が続くと誰もが次に病院を連想

します。ともかくは体力や免疫力が落ちている方につきましては

行動するときに十分に考慮してください。

R2/26 疑問

疑問に思うこと

*大型客船の感染者対応が杜撰で稚拙であった。現に感染者と非

感染者を厳密に隔離措置しなかった。厚生省の職員が惨状を見か

ねて感染症のエキスパートである神戸大の教授を携帯で呼んだ。

嫌がる現場へどうにか入船した同氏が現場の杜撰さに恐怖すら

覚えて幹部職員に具申するも一蹴され、あげくに船から追い出さ

れた。これに憤慨した同氏はネットに船内の杜撰な現状を告発す

るも圧力によりこれを削除させられる。

*船から下船した乗客を陰性反応であったという理由でそのまま

自由に行動させた。後にこれらの乗客から陽性反応が出て感染が

拡がる。日本以外の国は下船した乗客を隔離し2週間の経過観察

を行っている。

*新型肺炎の検査も実際はほとんど行われていない。

専門家の証言により罹患しているかどうかを保健所に問い合わせ

てもこれを保健所が拒否する状況にあるという。

政府が提案するコロナ対策も稚拙そのものである。

時差通勤しろ、軽度の発熱患者は自宅療養しろ、各種イベントや

集会は自粛してほしいなど。

また医療機関への受診も控えめにしてほしいとまで表明している

これらには何ら具体的抜本的な対策が見えない。この程度のこと

は誰でも考える。これを非難する専門家は非常に多い。

これらを総合的に俯瞰すると見えてくる事実がある。

R2/2/25 コロナ新型肺炎パニック

日々刻々と世界中が新型肺炎のパニックになりつつある。

様相はまさに世紀末である。怖いのはショックドクトリンです。

R2/22 大切なこと

新型肺炎は大型客船での非常識な対応もあって拡散傾向にある。

空気感染もとうとう認めた。連日メディアが報道するので市民の

多くがプチパニック傾向になっている。

マスクも消毒用エタノールも品薄傾向である。人間の心理として

品薄傾向が続くとさらに追い詰められる。昔のトイレットペーパ

ーの争奪戦と同じである。

ウイルスは目に見えないだけに恐怖に拍車がかかる。けれども一

番大切なことは免疫力(抵抗しウイルスに勝つ力)である。

免疫力を高める生活、食物、自然薬などや自然サプリを補うこと

が重要です。いくらマスクをしても抵抗力がない方はウイルスに

負けます。抵抗力や体力を養いましょう。

R2/2/21 コロナ新型肺炎パンデミック

報道の状況から考慮すると新型肺炎の拡大は避けられない。

しかし報道の方法を見ていると騒動をどんどん大きくするような

思惑が透けて見えます。このまま続くと日本経済はとんでもない

ことになるでしょう。

<<< 前の10件 次の10件 >>>
ページトップへ
Copyright くすりのア・ム All Right Rserved