くすりのア・ム

安心・安全 そして信頼

  • 初めての方へ
  • 店舗概要
  • ご相談メールフォーム
  • 店長日記

店長日記

<<< 前の10件 次の10件 >>>

R10/15 自家菜園と地獄

ついに自家菜園のさいに種子や苗を自家採取することに足かせを

つける法案を通過させようとしている。これは種子法廃案とセッ

トでついてる事案である。最初は登録種目だけという名目でこれ

を法制化する。すべての制度変更するときのやり方である。

まずは大きな影響はないがごとくに法案を通す。そして後に少し

ずつ改正を繰り返して当初の目的通りに制度変更するのだ。

派遣労働法も最初は限定的であった。しかし今では境界はなくな

ってしまった。いまや全労働人口の約40%が非正規雇用である

これと同じように家庭菜園での自家採取禁止はやがて大きく拡大

して全ての農業に影響を及ぼすことになる。

つまり企業生産した遺伝子組み換え種子を筆頭に自家採取を厳罰

にして苗や種を企業から永遠に購入し続けないといけなくなる。

しかもきわめて安全性に問題となるものなのだ。

これだけでなく日本固有の品種は駆逐されやがてすべての種や苗

が高額化する。ゆうなれば食料自給率は低落し食品の価格とくに

米の価格が高騰することになる。

まさかと思う方はご自身で種子法廃案に関連する弊害を調べてみ

てください。

これだけ国の制度を打ち壊すのは前代未聞である。

R10/14 甚大な被害

台風19号は甚大な被害になりました。被災された方々におかれ

ましては一日も早い快復と復興をお祈りします。

ところで今年もカメムシをたくさん目撃します。秋口にカメムシ

が多いときはその冬がかなり寒くなる場合があるようです。

これは予測として外れてほしいのですけど。

それにしても日本全体がこれほどの災害になってるのに最高責任

を一応は負ってる方がまたしても他人事のような行動をしていた

模様です。メディアではそのようなことは一切報じませんが。

号令をかける場面ばかり繰り返し映像で流してます。が、実際は

どうも違うようです。この様子はなんでも他人に丸投げするのに

恰好だけつけたがる○○○○と同じです。

これからさらに大変なときに本当に恐ろしいことです。

R10/12 勘

まずは今回の台風19号がこれ以上の被害を拡大することのない

ようにお祈りします。

実は自分の近辺でのことですがつい最近バタバタとまだ働き盛り

の医療関係者の方が逝かれたことを知りました。

この方々に共通なことがあったのと妙な勘がソワソワきたのです

しばらくしてこれを裏付けることが判明しました。

確証がないので何も公にできません。しかし嫌な感じがざわざわ

するのです。ともかくこのような不自然きわまりないことが続く

ことは考えにくいのです。

いづれにしましても自分にできる最善のことを実行する以外にない

と言い聞かせています。

R10/11 台風

今回やってくる台風は強大です。進路は関東方面に向かっており

ます。特に進行方向に向かい右手側は強い影響を受けます。

車や家が吹き飛ぶ可能性もあります。大阪にこの規模より小さい

台風が来た時も車が転びタンカーが港湾壁に激突し自動販売機は

ゴミ屑のように転がりました。

この勢力ですから関西圏も決して油断してはいけません。

日本に接近上陸する際には大雨と暴風が襲います。気象庁も数日

前から異例の警告を発しております。これは非常事態です。

面白半分に解釈することなどくれぐれもないようにお願いします

R10/10 イリュージョン

つくずく我々はイリュージョンの中で催眠状態にかかった民だと

思います。世界各国と日本を往復する人は外界から日本を観察で

きますので、この意味をご理解いただけます。

日本人の特性は集団性ではないでしょうか。一つの方向へ向かう

とほとんどの方がそれに従います。

その上メディアリテラシー(メディアを考察すること)をあまり

しません。そのため広報番組や、やらせ番組でも簡単に信じるの

です。メディアとはテレビだけではありません。ネットも含まれ

ます。健康番組という名のヤラセ宣伝にも簡単に引っかかります

だからコーヒーやチョコがバカ売れしたりするのです。

このような人種ですので社会全体を動かすのは支配管理する側か

らすると実にかんたんです。

情報をコントロールするだけで十分だからです。現実はたいへん

市民に不都合であっても決して知られることはないのです。

おそらくこの状態をほくそ笑んでるのは支配層でしょう。

このメカニズムを知ってマスコミなども観察していると別の意味

で答えを洞察することができると思います。

R10/8 エゴの忍耐

日本は危機的状況だと思います。一番の大問題は全く収束不能な

状態の福島第一発電所の大規模事故です。

3基の原子炉が露天臨界状態になり炉の釜から溶け落ちた何百ト

ン規模の核燃料が沈降しどこにあるかも確認できないのです。

原発事故の恐ろしいのは核燃料が外へ漏れ出ることです。

これが地下水に接触すれば地下水も汚染されます。地下水は人体

で例えると全身に張り巡らす血管の中に流れる血液のようなもの

です。その血液と同じ地下水が汚染されれば関東一円に汚染は拡

大するでしょう。ときどき地下から閃光が確認されています。

水蒸気が噴射されるのも確認されています。

ということは再臨界している可能性もあるのです。

大気もそれに伴って汚染されます。これがどんどん拡散されてる

ことが推察できます。

まさに人類未曾有の大災害です。もちろん健康被害も拡大しつつ

あります。ことは日本だけにとどまりませんので国際社会もこれ

以上は黙認できないでしょう。強制か協力かは知りませんが間も

なく大問題になるでしょう。知らないのは我々日本人だけです。

R10/2 sakura

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう

R10/1 遺伝子組み換え食品

いよいよ今月から遺伝子組み換え食品の非表示が始まります。

これがどれほど怖いことか。遺伝子組み換え食品の怖さはすでに

アメリカやヨーロッパで大問題となっています。

遺伝子組み換え食品を摂取させた多くのラットが発癌しているの

を報告する学者が複数存在します。

実際この食品を拒否する市民が多く、これを売り込みたい企業は

困っていたのです。そこで日本市場が狙われたということです。

米日FTAもどさくさに締結されました。これは米韓FTAで困

窮する韓国の二の舞になるでしょう。

まず間違いなく日本の一次産業は壊滅します。よって食料自給率

は低落することでしょう。

どうやら自治体や学校も米国並みに民営化する条件も入るそうで

す。そうなると公務員のリストラもこの先は起こるでしょう。

そして極めつけは医療保険の高額化です。すでに着々と保険対象

の範囲を縮小する方向へ向いています。

高額療養費制度も今後は段階的に崩されるでしょう。ですから自

らの健康管理を最優先しないと病気=経済破綻ということです。

R9/30 健康は自分で守るもの

元気で若いうちは健康のことなど気にもなりません。それにまさ

か自分が病気をするなど考えもしないものです。

体が具合悪くなる原因の多くが不自然な生活をすることです。

ストレス、過労、遺伝子の暴走、食品添加物過多、過剰運動、

偏食、糖分過多などが主な原因だと思われます。

特に遺伝子の暴走ということにつきましては破壊も含まれます。

この原因は放射能汚染です。日本の場合はこの汚染は無視できま

せん。むしろ拡大拡散傾向にあります。

ですのでマスコミに頼らずに自らも問題意識を持たないといけない

のです。



R9/28 悪口

仕事で成功している方の多くが悪口を厳禁している。また意識

せずとも自然に口にすることがほとんどない。

逆にだめな方ほど悪口を好む傾向があると思う。褒めたり良い

ことはなかなか伝わらないですが、悪口だけはすごい速さで伝

わります。そしてなぜか発信する本人の言葉が対象者の耳に届

くのも事実です。この現象から鑑みますと悪口は発信する本人

の信用を失くします。また悪口をしゃべる量に比例して運気も

落ちるということになります。そもそも悪口や批判の対象が公

人の場合はある意味で仕方ない場合もあると感じます。

しかし個人間のそれは慎重にするべきです。そもそも自分の体

が不調であったり、運気が下り坂な方ほどその傾向が顕著なよ

うです。しかし逆に不調なときほど前向きで明るく良い言葉を

発する方は運気も逆転させるようです。

ともかく不調なときほど自分の言葉や言動には注意しましょう

事実、前向きに明るくがんばった方が難病を克服した症例も拝

見したことがあります。

結局は最後に左右するのは人間性なのでしょうか。

<<< 前の10件 次の10件 >>>
ページトップへ
Copyright くすりのア・ム All Right Rserved